2020年度 「セキュリティ基礎」

講義の概要

担当教員 李 陽 < liyang AT uec ac jp >
場所 オンラインで行う予定、詳細は今後の更新を確認してください
時限 金曜日 2限 (10:40-12:10)
開講コース・課程: 博士前期課程
単位数
科目区分 大学院専門教育科目 – 連携専門科目
開講学科・専攻 総合情報学専攻
更新日 2020/04/17

オンライン講義について

1.大学からオンライン講義についての情報

2.2020年度の「セキュリティ基礎」は遠隔講義として開講します.シラバスに記載された ID から参加してください.

講義の主題および達成目標

  1. 情報通信ネットワークのオープン化が進む中,ネットワークセキュリティ,システムセキュリティの確保が最重要課題となっている.情報漏洩に対する社会の強いニーズを鑑み,本科目ではネットワークを含むシステム全体のセキュリティの根幹を担う情報処理に関する基礎知識を取り扱う.
  2. Ensuring network security and system security is one of the most important issues as the information communication network becomes more open. Given the strong social needs for information leakage, as contents to be handled in this class, we deal with the fundamental knowledge on information processing, which is the basis of security of the entire information system including the network.

前もって履修しておくべき科目

  1. 離散数学,ハードウェアセキュリティ

前もって履修しておくことが望ましい科目(必須ではない)

  1. 論理回路学,計算機アーキテクチャ

教科書

  1. Security of Block Ciphers: From Algorithm Design to Hardware Implementation. Wiley 2015, ISBN 978-1-118-66001-0.

講義内容

  1. 暗号実装において必須となる各種演算についての概説から始め,共通鍵暗号として代表的であるAESアルゴリズムの詳細について説明します.その後,AES暗号に対する安全性評価手法である暗号解析とサイドチャネル解析について講義を行います.なお,第8〜14回で取り扱う暗号解析とサイドチャネル解析については発展的な内容を含むため,授業の理解度によって,基礎的な情報処理手法を中心に取り扱う予定である.その他,各年度関連するトピックを扱う.

成績評価方法

  1. 共通鍵暗号の実装における基礎知識とコスト・パフォーマンス・耐タンパー性のトレードオフを理解していることが合格の基準である.レポート(2回:60%)と期末試験(40%)で評価する.

オフィスアワー

  1. 特に設けない.メールでアポイントを取ってください.

スケジュール

回数 日時 内容 備考
第1回 5月08日 Introduction of Fundamentals of Security (Orientation)  
第2回 5月15日 Orientation + Block Cipher  
第3回 5月22日    
第4回 5月29日    
第5回 6月05日    
第6回 6月12日    
第7回 6月19日    
第8回 6月26日    
第9回 7月03日    
第10回 7月10日    
第11回 7月17日    
第12回 7月31日    
第13回 8月07日    
第14回 8月14日    
第15回 8月21日